龍尾神社ロゴ

商务旅行节和神葬节


出張祭について


地鎮祭
工事着工にあたり、土地の神様をお招きして、工事の無事故安全と建築物の無事竣工をお祈りいたします。
お祭では、土地を祓い清め、鍬入れの儀や鎮め物埋納の儀などを行います。

上棟式
通常は家の基本構造が完成し、棟木を上げる時に行われます。
家屋の神・建築の神・土地の神様に、工事の安全と無事なる完成、また建物の堅固長久をお祈りいたします。

竣工式(新宅祭)
新宅や建築物が完成したことに感謝するとともに、建物の中をお祓いし、長く久しい堅固安全や、ご家族・社員・関係者の今後の安全と繁栄をご祈念いたします。

解体清祓式
住居や建築物を取り壊す際に、長くお守り頂いた家屋の神様に感謝を申し上げるとともに、建物を祓い清めて、解体工事の安全をご祈念いたします。

起工式、工事安全祈願祭
建設工事や土木工事の開始にあたり、建設用地を祓い清めて、工事の無事故安全と無事竣功をお祈りいたします。
会社・工場・医療福祉・商業施設等の建設予定地や、道路・湾岸・水道等の土木工事の現場に出向いてお祭いたします。

井戸・池埋め祭
井戸や庭の池などを埋める際には、長年に亘る水の恵みに感謝し、今後も災禍がないようお祭してから工事を行ないます。

伐樹祭(ばつじゅさい)
庭木や雑木にいたるまで樹木を伐採する際に、その木々の木霊に「感謝」し、「伐採の安全」を祈るお祭りです。

奉仕料等詳しくは、当社までお問い合わせください。
欲了解更多信息,请联系 这边


神葬祭について

神道の形式で行なわれる葬儀を、「神葬祭」と言います。
神道では、人は亡くなった後も、その霊魂は不滅であり、お祀りされた「みたま」は、我々子孫をお見守り戴く「祖霊神」として、永く久しくお鎮まりになると考えます。
神道の葬儀では、祭詞(さいし)を奏上して、故人の生前の功績をたたえ、遺徳を偲ぶとともに、その後の祖霊祭(年祭やお盆・お彼岸)では、亡くなられた方の「みたま」を丁重にお祀りすることを大切にします。
現在、仏教行事となっているお盆などの「みたま祭」も、本来は日本固有の祖霊信仰に基づくものです。


神葬祭の特徴

・神葬祭では、亡くなった方のご経歴やお人柄、ご遺徳などを詳しく祭詞で奏上し、御霊が安らかに鎮まりますようお祈りいたします。
・お参りの際は、ご焼香は行なわず、玉串をお供えした後、二礼、二拍手(しのび手:音をたてない拍手)、一礼の作法で拝礼します。
・仏教の位牌に相当するものが、神道では霊璽(れいじ)となります。故人の御霊を霊璽にお遷しして、神霊の宿った御霊代としてお祀りいたします。
・神道には戒名がなく、生前の姓名の下に、年齢や性別に応じた尊称~大人命:うしのみこと、刀自命:とじのみこと など~を付けた諡名(おくりな)を用います。


奉仕料等詳しくは、当社までお問い合わせください。
欲了解更多信息,请联系 这边